メガネタイプルーペとヘッドバンドタイプルーペの選び方

ヘッドバンドタイプルーペ

ヘッドバンドつきで、両手を使って作業するときに便利なルーペです。作業用なので高倍率ではなく2倍程度になります。

メガネタイプですと、有名なところではハズキルーペになります。私は1.6倍のものを利用しています。

最近は、ヘッドバンドタイプのルーペよりもハズキルーペの影響でメガネタイプのルーペが主流のような気がします。

ちなみにルーペは、乱視レンズ付きはできないので、乱視がある方で読書目的なら老眼鏡のご使用をおすすめします。

乱視が気にならない程度の方で、短時間の作業や字を読む程度でしたら、メガネタイプのルーペもおすすめです。

ルーペ全般に言えることですが、長時間の作業をする場合は、3倍以上ですと目が疲れますので、2倍以下の倍率がおすすめ。

めがねタイプのルーペ、ヘッドルーペの特徴

ヘッドルーペ
  • 倍率は、1.5倍くらいから2倍くらいのものが多い。
  • 頭部に固定して使用するルーペなので、両手が使えて便利。
  • ライト付きのものも販売されている。
  • レンズは、アクリル樹脂製が主流。ガラスレンズのヘッドルーペも販売されています。
  • メガネの上から装着できるルーペが主流。

レンズ交換もできるめがねタイプのルーペ

ヘッドルーペ

品物によっては、レンズを交換することも可能です。交換のレンズは別売りまたはセットで付いている場合もあります。

テラサキ社のメガビューシリーズは、某デパートで確認しましたが、デザイン、品質がよくおすすめです。LED照明がついていない『メガビュースリム』が軽くてお勧めです。

メガネタイプでしたら、ハズキルーペや池田レンズなどで販売されている跳ね上げができるメガネタイプのルーペのおすすめです。

●用途別おすすめルーペのブランド

字を読んだり軽作業用ルーペ
HAZUKIルーペ(ハズキルーペ)(Amazon)
HAZUKIルーペ(ハズキルーペ)(楽天)
テレビコマーシャルでお馴染みのハズキルーペ。日本製なのでレンズの品質も良く強度もあります。種類が豊富ですが、新聞を読む場合は、低い倍率がおすすめ。

ニコン(NIKON)ルーペ(Amazon)
ニコン(NIKON)ルーペ(楽天)
ニコンの読書用ルーペ、特にレンズの品質は良いのでお勧めです。

池田レンズ工業のルーペ(Amazon)
池田レンズ工業のルーペ(楽天)
読書用ルーペの種類も豊富です。定番品など好みのものを選べます。

テラサキのルーペ(Amazon)
テラサキのルーペ(楽天)
手持ちルーペ特にフレネルレンズのルーペは品質は良いです。

エッシェンバッハ/ESCHENBACH(ドイツ)(Amazon)
エッシェンバッハ/ESCHENBACH(ドイツ)(楽天)
ドイツの老舗メーカーです。値段は高いですが品質もよく種類も豊富です。弱視者用のルーペメーカーとしても有名です。

ビクセンのルーペ(Amazon)
ビクセンのルーペ(楽天)
日本の天体望遠鏡メーカーですが、バランスよくいろいろなルーペを販売しています。光学機器業界では有名ブランドですのでハズレは少ないと思います。

部品検査、宝石鑑定用、理化学系ルーペ
PEAKルーペ(Amazon)
PEAKルーペ(楽天)
有名なのがスケール付のルーペ、作業用などルーペの種類が豊富。日本製のルーペが多いのでおすすめです。

ニコン(NIKON)ルーペ(Amazon)
ニコン(NIKON)ルーペ(楽天)
ニコンもルーペを販売しています。個人的には宝石鑑定用ルーペの品質は最高でした。

池田レンズ工業のルーペ(Amazon)
池田レンズ工業のルーペ(楽天)
作業用ルーペの種類が豊富です。日本製なら品質が良いのでおすすめです。

テラサキのルーペ(Amazon)
テラサキのルーペ(楽天)
MWGAVIEWのヘッドバンドタイプのルーペやスタンドタイプのルーペの種類が豊富で品質もいいのでおすすめです。

カートン光学のルーペ(Amazon)
カートン光学のルーペ(楽天)
顕微鏡メーカーですが、宝石鑑定用ルーペや理化学用のルーペの種類が豊富です。宝石鑑定用ルーペは、特に人気があります。