ルーペ、拡大鏡、虫眼鏡の選び方、レビュー、基礎知識などルーペに関しての情報をユーザー視点で公開しているサイトです。

ルーペの世界

時計見、キズ見ルーペ

目的別で選ぶルーペ

ルーペの選び方【時計部品など小さいものを検査や作業をするとき】

2021/5/23

このページでは、時計など小さな部品の組み立てや修理、検査用のルーペの選び方についてまとめてみました。 時計など小さな部品の組み立てや修理、検査用のルーペの選び方 ・よく使われているのが、時計見(キズ見)ルーペです。倍率も高いものもあるので、時計など細かい部品の組立、修理等でおすすめです。 ・時計以外でも細かい部品の作業用としてもおすすめです。 ・時計見(キズ見)ルーペの標準は16D(倍率約5倍)になりますが、3倍くらいから20倍くらいのものも売られています。 ・目の負担を考えると、16D(約5倍)くらいが ...

ReadMore

宝石鑑定ルーペ

目的別で選ぶルーペ

ルーペの選び方【宝石鑑定・小さいものを検査や観察するとき】

2021/4/11

宝石鑑定や検査や観察用ルーペの選び方についてまとめてみました。 Contents1 宝石鑑定や検査や観察用ルーペの選び方2 宝石鑑定や検査や観察用ルーペの使い方3 宝石鑑定用ルーペのおすすめは?4 観察用ルーペのおすすめは? 宝石鑑定や検査や観察用ルーペの選び方 ・検査や観察用のルーペですと老眼に関係なく小さいものを見るために子供や若い人でも使います。 ・倍率は、10倍がおすすめです。宝石鑑定は10倍のものを使っている方が多いです。倍率が20倍など高くなるとよく見えると誤解されがちですが、実際は、レンズの ...

ReadMore

目的別で選ぶルーペ

ルーペの選び方【新聞・読書・スマホで文字を読むとき】

2021/3/21

年齢を重ねると老眼のため、近くの文字が読みにくくなります。私も新聞やスマホを使う時に小さな文字が読みづらいため、ルーペや老眼鏡を使っています。 このページでは、目的別のルーペの選び方として、新聞・読書・スマホ・タブレットでおすすめするルーペの選び方とおすすめルーペを紹介します。 Contents1 ルーペの選び方【新聞・読書・スマホ・タブレットで文字を読むとき】2 おすすめするルーペ【新聞・読書・スマホ・タブレットで文字を読むとき】2.1 眼鏡型のルーペ3 まとめ ルーペの選び方【新聞・読書・スマホ・タブ ...

ReadMore

ハズキルーペ

ルーペの口コミレビュー ルーペの選び方

ハズキルーペの口コミ、老眼鏡との違いと選び方

2021/1/24

CMで話題のハズキルーペラージを買ってみました。買ったのは、1.6倍でフレームはレッド。 Contents1 ハズキルーペとは?2 ハズキルーペの選び方3 ハズキルーペと老眼鏡の違い4 ハズキルーペを掛けるとどう見える5 ハズキルーペを使ってみた感想 ハズキルーペとは? ハズキルーペは、眼鏡型のルーペ(虫眼鏡、拡大鏡)になります。眼鏡型ルーペですので、両手が使え新聞など文字を読むときや作業をするときに便利です。 品質面ですと、日本製なのでレンズもクリアです。また、老眼鏡などメガネの上からも掛けられます。 ...

ReadMore

池田レンズ製HF-60D

ルーペの口コミレビュー ルーペの選び方

日本製メガネ型ルーペのおすすめは?

2021/1/24

メガネ型ルーペで有名なのがテレビコマーシャルでお馴染みのハズキルーペですね。 ⇒ハズキルーペの口コミレビュー 新聞やパソコン画面を見るときにメガネ型のルーペを使う場合は、ハズキルーペでもよいですが、作業用となると跳ね上げができるルーペのほうが個人的には使いやすいです。目が疲れたらルーペを上にあげるだけですからね。ハズキは、ルーペ自体を外さなければならないので少し面倒です。 このページでは、ネット通販で簡単に取り寄せができるおすすめの日本製メガネ型ルーペを紹介します。店舗や書店では、中国製の安いメガネ型ルー ...

ReadMore

えんきん

コラム

老眼やドライアイにおすすめするルテイン・ブルーベリーサプリメントは?

2021/1/30

最近は、老眼もすすんできたのでルテインが配合されたサプリを飲んでいます。 以前、値段は高いですが漢方薬を飲んでいました。私は、漢方医のすすめで飲んでいたのは、1か月分で12,000円もしました。効果はそれなりにあり、眼科へ受診したときは、左の視力が0.2から0.6へ上がり、涙の検査で涙の量が1から8まで改善されました。今は、目の調子が改善されたので、漢方薬は休んで、ルテインを含んだサプリを飲んでいます。 ルテイン系サプリを飲んでからは、視力が少し良くなったり、疲れ目(眼精疲労)やドライアイが軽減されたよう ...

ReadMore

コラム

ドライアイ、目の疲れ対策、目に良い食べ物など眼科医に聞いてみた

2021/1/30

私は高眼圧症とドライアイのため毎月眼科へ通院しています。私が通っている眼科は、評判がよく遠くからも患者さんが来るくらいですので、毎日混雑しています。 ドライアイと目の疲れの原因は、パソコン作業、車の運転です。目薬も処方されていますが、診察の時に眼科医にドライアイ対策、目の疲れ対策、目に良い食べ物や目にいいことを聞いたのでまとめてみました。 目に良い食べ物 ・ブルーベリーやルテインなどのサプリ:サプリのほうが普通にブルーベリーなど目により食べ物を食べるよりは、効率よく栄養補給ができます。サプリは、薬ではなく ...

ReadMore

ルーペの選び方 コラム

日本国内と海外のルーペメーカーまとめ

2021/1/30

このページでは、日本国内と海外のルーペメーカーをまとめています。 Contents1 海外のルーペメーカー1.1 エッシェンバッハ(ESCHENBACH)1.2 カール ツァイス(CARL ZEISS)1.3 シュバイツァー(SCHWEIZER)1.4 コイル(COIL)2 日本の主なルーペメーカー2.1 神田通信工業2.2 池田レンズ工業2.3 カートン光学(ブランド:CARTON)2.4 京葉光器(ブランド:LEAF)2.5 テラサキ2.6 東海産業(ブランド:PEAK)2.7 ニコン(ブランド:NI ...

ReadMore

弱視者用ルーペ

ルーペの選び方

弱視用ルーペについて|選び方と高倍率ルーペの使い方など

2021/1/30

弱視(じゃくし)とは、目の障害の一つで、視力が著しく弱く、日常生活や仕事中に、様々な制限や不自由を強いられる状態のことです。 弱視の方は、個人差はありますが、眼鏡だけでは文字が読みずらいために、新聞を読むときも目を新聞にかなり近づけないと読むことができません。 そのときに新聞など文字を読むときには補助具として倍率が高いルーペまたは、拡大読書器を使用されています。 弱視の方が使用されるルーペは、倍率が低いルーペよりもかなり倍率が高いものになります。 ただ、倍率が高いため、以下のポイントも知っておきましょう。 ...

ReadMore

LED非球面レンズルーペ

ルーペの選び方

LEDライト付きのルーペについて

2021/1/30

LEDライト付のルーペ最近のライト付きルーペで使用されている照明は、青色や白色LEDを使用している機種が増えてきました。 ルーペで使われているLED証明は、青色または白色のものが使われています。メーカーのカタログを見ているとヨーロッパ製は白色が多く、日本製は白と青が多いです。 わたしが理解している範囲でLED照明の特徴とデメリットを簡単にまとめてみました。 LED照明の特徴 ・豆電球とは違い長寿命である。たとえば、商品のカタログ上、約20,000時間の寿命のLEDと表示されている場合ですと、LEDの寿命は ...

ReadMore

宝石鑑定ルーペ

ルーペの選び方

宝石鑑定用ルーペの選び方

更新日:

宝石鑑定用ルーペ主に宝石鑑定用で使われているルーペですが、宝石鑑定用以外でも鉱石、小さなパーツ類など簡易的な検査で使われています。

宝石鑑定ルーペの特徴は?

宝石鑑定ルーペの特徴をまとめてみました。

宝石鑑定ルーペ

  • レンズは、ガラス製で品物により2枚から4枚のレンズ構成。
  • 倍率は、8倍から20倍くらいのものが多い。
  • レンズの大きさは8倍だと20mmくらいから、20倍くらいだと5mmくらいと倍率が高くなるとレンズ径が小さくなります。
  • 標準的な倍率は10倍が多く、レンズ径は18から21mmくらい。
  • 本体も小さいのでポケットに入れられ、持ち運びにも便利。

このタイプのルーペは、倍率が高く、焦点距離(ピントが合う距離)が短いので、使用するときは、検査するもの(宝石など)を手やピンセットで持ち、ルーペに目を近づけて使用します。

宝石鑑定用ルーペの選び方

  • 宝石鑑定のルーペは、レンズコート無が一般的です。海外製ではレンズコート付のルーペも売られていますが、部品検査ではなく宝石鑑定用でルーペを買われる場合は、レンズコート無のものが一般的です。
  • 宝石鑑定ルーペの倍率は、10倍が一般的。15倍や20倍のものは、視野が狭くレンズ周辺の解像度も落ちますのであまりお勧めできません。

下の写真は、このルーペでよく使われているトリプレットレンズです。3枚のガラス製レンズを貼りあわせているものです。

ルーペレンズ

3枚張り合わせレンズ

宝石鑑定用のルーペは、レンズの品質からニコン製かカートン製のものが品質が良く値段も手頃なのでおすすめです。

宝石鑑定用ルーペのおすすめは?

今までカートン光学製とニコン(NIKON)、中国製やヨーロッパ製のものを使っていましたが、おすすめは、ニコンとカートン製でしょうか?

ニコン宝石鑑定ルーペ

ニコン製の宝石ルーペは、レンズ径が13㎜と小さめですが、倍率が10倍くらいのレンズですとレンズ中心部で観察することが多いのでレンズ周辺の解像力が落ちる部分を削ったのかなと予想します。品質は良いですし、日本製にしては価格が手ごろですのでおすすめです。

ニコン(NIKON)ルーペ(Amazon)
ニコン(NIKON)ルーペ(楽天)
ニコン(NIKON)ルーペ(Yahoo!ショッピング) 

カートン宝石鑑定用ルーペ

カートン社の宝石鑑定ルーペもかなり人気があります。ニコン製よりもレンズ径が18mmと大きいので見やすいです。レンズ周辺も解像度はそれほど悪くないです。こちらも日本製です。

カートン光学のルーペ(Amazon)
カートン光学のルーペ(楽天)
カートン光学のルーペ(Yahoo!ショッピング)

上で紹介した以外の宝石鑑定ルーペは、どこも同じような感じなのと、中国製のように30倍とか40倍とかのルーペが売られていますが、本当にそのくらいの倍率がある場合は、視野が狭く使い物にならないと思いますので、宝石鑑定ルーペをご検討されている方は、10倍くらいの倍率で日本製がおすすめです。

-ルーペの選び方
-, , ,

Copyright© ルーペの世界 , 2021 All Rights Reserved.