LEDライト付きのルーペについて

LED非球面レンズルーペ

LEDライト付のルーペ最近のライト付きルーペで使用されている照明は、青色や白色LEDを使用している機種が増えてきました。

ルーペで使われているLED証明は、青色または白色のものが使われています。メーカーのカタログを見ているとヨーロッパ製は白色が多く、日本製は白と青が多いです。

わたしが理解している範囲でLED照明の特徴とデメリットを簡単にまとめてみました。

LED照明の特徴

LEDルーペ

・豆電球とは違い長寿命である。たとえば、商品のカタログ上、約20,000時間の寿命のLEDと表示されている場合ですと、LEDの寿命は、24時間使用したとしても2年3ヶ月ほどです。24時間使用されることはないと思いますので、普通に使っていれば3年以上はLED電球が切れることは少ないでしょう。

・豆電球より明るい。

LED照明のデメリット

・LED照明は基盤に固定されているので、豆電球のように、もしLEDが点灯しなくなった場合、自分で交換ができない。
その場合は、購入店で修理依頼をすることになりますが、修理代金によっては、新品を購入したほうが安い可能性があります。

・拡散しないと照らす範囲が狭い。

基本的には、LED照明は何万時間と長寿命なので、豆電球のように電球を交換は基本的には必要ないと考えられているため、照明の交換ができない構造になっていると推測します。

●用途別おすすめルーペのブランド

字を読んだり軽作業用ルーペ
HAZUKIルーペ(ハズキルーペ)(Amazon)
HAZUKIルーペ(ハズキルーペ)(楽天)
テレビコマーシャルでお馴染みのハズキルーペ。日本製なのでレンズの品質も良く強度もあります。種類が豊富ですが、新聞を読む場合は、低い倍率がおすすめ。

ニコン(NIKON)ルーペ(Amazon)
ニコン(NIKON)ルーペ(楽天)
ニコンの読書用ルーペ、特にレンズの品質は良いのでお勧めです。

池田レンズ工業のルーペ(Amazon)
池田レンズ工業のルーペ(楽天)
読書用ルーペの種類も豊富です。定番品など好みのものを選べます。

テラサキのルーペ(Amazon)
テラサキのルーペ(楽天)
手持ちルーペ特にフレネルレンズのルーペは品質は良いです。

エッシェンバッハ/ESCHENBACH(ドイツ)(Amazon)
エッシェンバッハ/ESCHENBACH(ドイツ)(楽天)
ドイツの老舗メーカーです。値段は高いですが品質もよく種類も豊富です。弱視者用のルーペメーカーとしても有名です。

ビクセンのルーペ(Amazon)
ビクセンのルーペ(楽天)
日本の天体望遠鏡メーカーですが、バランスよくいろいろなルーペを販売しています。光学機器業界では有名ブランドですのでハズレは少ないと思います。

部品検査、宝石鑑定用、理化学系ルーペ
PEAKルーペ(Amazon)
PEAKルーペ(楽天)
有名なのがスケール付のルーペ、作業用などルーペの種類が豊富。日本製のルーペが多いのでおすすめです。

ニコン(NIKON)ルーペ(Amazon)
ニコン(NIKON)ルーペ(楽天)
ニコンもルーペを販売しています。個人的には宝石鑑定用ルーペの品質は最高でした。

池田レンズ工業のルーペ(Amazon)
池田レンズ工業のルーペ(楽天)
作業用ルーペの種類が豊富です。日本製なら品質が良いのでおすすめです。

テラサキのルーペ(Amazon)
テラサキのルーペ(楽天)
MWGAVIEWのヘッドバンドタイプのルーペやスタンドタイプのルーペの種類が豊富で品質もいいのでおすすめです。

カートン光学のルーペ(Amazon)
カートン光学のルーペ(楽天)
顕微鏡メーカーですが、宝石鑑定用ルーペや理化学用のルーペの種類が豊富です。宝石鑑定用ルーペは、特に人気があります。