読書用手持ちルーペの選び方

ポケットルーペ

写真のルーペは、昔からあるスタンダードなものです。よく、祖母のルーペで遊んでいたので覚えています。このタイプのルーペの主な特徴は以下になります。

手で持つ読書用ルーペ

・新聞など小さい文字を見るのに向いています。

・倍率は、新聞などを見る場合、2倍程度でレンズ径が大きいもの(70mm以上)がおすすめです。レンズ径が大きいものを買う場合は、ガラス製よりアクリル樹脂製が軽量なのでおすすめです。

・倍率が低いと焦点距離(ピントが合う距離)が長く、視界(見える範囲)が広いので使いやすいと思います。

LED電球付きのルーペ


写真のようにLED照明付きのルーペも販売されています。

LED付のルーペは、充電池タイプ、乾電池タイプ、ボタン電池タイプのものが売られています。暗いところで字など細かいものを見る場合は、2倍がちょうどよいと思います。

デスクルーペ

デスクルーペ

デスクルーペ写真のルーペは、軽いので文鎮代わりにはなりませんが、新聞などを読むときに便利なルーペです。ガラス製は、文鎮代わりにもなりますので、文鎮ルーペと呼ばれています。

・新聞の上に置くとピントが合う設計になっています。

・倍率は2倍程度で70mmくらいまたはそれ以上のものがおすすめ。

・新聞を読むときは便利ですが、分厚い本では使いにくいデメリットもあります。

ポケットルーペ

シートルーペ

フレンネルレンズ写真のルーペは、シート状のフレネルレンズを使用したものです。

名刺サイズもあるので、ポケットや定期入れなど小物入れに入れられます。最近では、豆電球または、LEDライト付きのものも販売されています。

・外出先で小さい文字を確認するときに便利です。

・ポケットや小物入れに入るので持ち運びにも便利です。

・倍率は2倍から3倍がおすすめ。(フレンネルレンズは1.5倍から2倍程度の倍率になります。)

・フレネルレンズは、最も薄いレンズですが品質は光学ガラスまたはアクリル製に比べると劣ります。

ポケットルーペ
写真のルーペは、外出先で細かい字などを読むときに便利なルーペです。レンズを収納できるので、持ち運びにも便利です。

●用途別おすすめルーペのブランド

字を読んだり軽作業用ルーペ
HAZUKIルーペ(ハズキルーペ)(Amazon)
HAZUKIルーペ(ハズキルーペ)(楽天)
テレビコマーシャルでお馴染みのハズキルーペ。日本製なのでレンズの品質も良く強度もあります。種類が豊富ですが、新聞を読む場合は、低い倍率がおすすめ。

ニコン(NIKON)ルーペ(Amazon)
ニコン(NIKON)ルーペ(楽天)
ニコンの読書用ルーペ、特にレンズの品質は良いのでお勧めです。

池田レンズ工業のルーペ(Amazon)
池田レンズ工業のルーペ(楽天)
読書用ルーペの種類も豊富です。定番品など好みのものを選べます。

テラサキのルーペ(Amazon)
テラサキのルーペ(楽天)
手持ちルーペ特にフレネルレンズのルーペは品質は良いです。

エッシェンバッハ/ESCHENBACH(ドイツ)(Amazon)
エッシェンバッハ/ESCHENBACH(ドイツ)(楽天)
ドイツの老舗メーカーです。値段は高いですが品質もよく種類も豊富です。弱視者用のルーペメーカーとしても有名です。

ビクセンのルーペ(Amazon)
ビクセンのルーペ(楽天)
日本の天体望遠鏡メーカーですが、バランスよくいろいろなルーペを販売しています。光学機器業界では有名ブランドですのでハズレは少ないと思います。

部品検査、宝石鑑定用、理化学系ルーペ
PEAKルーペ(Amazon)
PEAKルーペ(楽天)
有名なのがスケール付のルーペ、作業用などルーペの種類が豊富。日本製のルーペが多いのでおすすめです。

ニコン(NIKON)ルーペ(Amazon)
ニコン(NIKON)ルーペ(楽天)
ニコンもルーペを販売しています。個人的には宝石鑑定用ルーペの品質は最高でした。

池田レンズ工業のルーペ(Amazon)
池田レンズ工業のルーペ(楽天)
作業用ルーペの種類が豊富です。日本製なら品質が良いのでおすすめです。

テラサキのルーペ(Amazon)
テラサキのルーペ(楽天)
MWGAVIEWのヘッドバンドタイプのルーペやスタンドタイプのルーペの種類が豊富で品質もいいのでおすすめです。

カートン光学のルーペ(Amazon)
カートン光学のルーペ(楽天)
顕微鏡メーカーですが、宝石鑑定用ルーペや理化学用のルーペの種類が豊富です。宝石鑑定用ルーペは、特に人気があります。