時計見(キズ見)ルーペの選び方

時計見(キズ見)ルーペ

主に時計の生産や修理の時に使用されるルーペです。まぶたに挟み込んで使用しますが、専用のクリップや頭部に固定するワイヤーも売られています。

・時計見ルーペの倍率は、3倍から15倍くらい。時計屋さんで聞いたときに、16D(約6倍で焦点距離が2.5″)のものを使っている方が多いようです。

・レンズは、1枚または2枚構成のものがある。

・本体の材質は、プラスチックやゴム製、スイスの時計工具メーカーですと木製のものも販売されています。

・長時間、このルーペをまぶたに挟み込んで作業をするのは疲れるため、ヘッドバンドまたは頭部に固定するワイヤーを利用するのがおすすめです。

・レンズの交換も簡単にできるものもある。

・本体も小さいのでポケットに入れられ、持ち運びにも便利です。

・1枚のガラスレンズで、値段は安いもので1,000円以下で買うことができます。

時計見ルーペは、日本製もありますが、時計の本場スイスの時計工具メーカーのほうが種類が豊富です。日本で買いやすいのは、BERGEON、HOROTEC、ASCOブランドです。

●用途別おすすめルーペのブランド

字を読んだり軽作業用ルーペ
HAZUKIルーペ(ハズキルーペ)(Amazon)
HAZUKIルーペ(ハズキルーペ)(楽天)
テレビコマーシャルでお馴染みのハズキルーペ。日本製なのでレンズの品質も良く強度もあります。種類が豊富ですが、新聞を読む場合は、低い倍率がおすすめ。

ニコン(NIKON)ルーペ(Amazon)
ニコン(NIKON)ルーペ(楽天)
ニコンの読書用ルーペ、特にレンズの品質は良いのでお勧めです。

池田レンズ工業のルーペ(Amazon)
池田レンズ工業のルーペ(楽天)
読書用ルーペの種類も豊富です。定番品など好みのものを選べます。

テラサキのルーペ(Amazon)
テラサキのルーペ(楽天)
手持ちルーペ特にフレネルレンズのルーペは品質は良いです。

エッシェンバッハ/ESCHENBACH(ドイツ)(Amazon)
エッシェンバッハ/ESCHENBACH(ドイツ)(楽天)
ドイツの老舗メーカーです。値段は高いですが品質もよく種類も豊富です。弱視者用のルーペメーカーとしても有名です。

ビクセンのルーペ(Amazon)
ビクセンのルーペ(楽天)
日本の天体望遠鏡メーカーですが、バランスよくいろいろなルーペを販売しています。光学機器業界では有名ブランドですのでハズレは少ないと思います。

部品検査、宝石鑑定用、理化学系ルーペ
PEAKルーペ(Amazon)
PEAKルーペ(楽天)
有名なのがスケール付のルーペ、作業用などルーペの種類が豊富。日本製のルーペが多いのでおすすめです。

ニコン(NIKON)ルーペ(Amazon)
ニコン(NIKON)ルーペ(楽天)
ニコンもルーペを販売しています。個人的には宝石鑑定用ルーペの品質は最高でした。

池田レンズ工業のルーペ(Amazon)
池田レンズ工業のルーペ(楽天)
作業用ルーペの種類が豊富です。日本製なら品質が良いのでおすすめです。

テラサキのルーペ(Amazon)
テラサキのルーペ(楽天)
MWGAVIEWのヘッドバンドタイプのルーペやスタンドタイプのルーペの種類が豊富で品質もいいのでおすすめです。

カートン光学のルーペ(Amazon)
カートン光学のルーペ(楽天)
顕微鏡メーカーですが、宝石鑑定用ルーペや理化学用のルーペの種類が豊富です。宝石鑑定用ルーペは、特に人気があります。